TAMIYA 1/24 メルセデスベンツ CLK DTM2000 チームD2 【1.ボディ組み立て】

のうさぎょうTOP
【1.ボディ組み立て】【2.パーツ塗装】【3.デカール貼り

写真クリックで拡大します

タミヤのレースモデルの中では比較的新しいキットです。
(ココ最近リリースしてないだけとの噂も)

見た目カッコイイし、こういうモデルを作ることでレースカの車作り、
速さに繋がる機能など、レースに対する理解もより深まるってなもんです。
部品点数も多くなく、サクサク組み立てて、シリーズで3種類出てますので、
3種類作って並べててみたいですね。

このキットのホイールはかなりカッコイイです。せっかくフィンが薄く作られていますので、質感を損なわないように塗装ですね。

ただ、センターロックナットが一体でモールドされていますので塗り別けには気を使いそうです。
ついに全面デカール登場。
フロントバンパー、リアバンパー以外のパネル面にはすべて一枚ものの大判デカールが用意されています。

こんなに大きいデカールは貼ったことが無いので、このデカールがキーポイントになってくるでしょう。
ボディパーツをガンガン分割してゲートをしっかり処理しておきます。
完成後はボンネットが開いてエンジンが覗けるので、裏側も適当にやっておきます。


が、後に悲劇が。。。
各パーツを流し込みタイプの接着剤で接着していきます。
接着剤のはみ出しが無いように気をつけて接着していきます。

例えばリアフェンダーは裏側から接着剤を流し込みます。
接着が終わり、意気揚々とスジ彫り。
何の問題もないもんね〜。
(ホントは問題があるんだが、ココまでは気づかなかった)
やっちまった其ノ1。

Fバンパーとフェンダーが曲がって付いたらしく、ボンネットを乗せると「チリ」が合いません。
手前側の隙間が大きく、どうやらフロントが菱形になってしまった模様です。
(あくまでもボンネットが正しいとするとね)
ボディのFフェンダー左右とバルクヘッドの辺りを繋いでいたT字型のランナーが有ったんですが、意気揚々と切り飛ばしてしまいました。
後から見た説明書には「バンパー接着まで切らないこと」という一文が記載されていましたとさ。

なんとかして修正していきたいと思います。

のこぎりか何かで、一旦バンパーをすっ飛ばすとかしたほうがいいのかな〜?


のうさぎょうTOP
【1.ボディ組み立て】【2.パーツ塗装】【3.デカール貼り



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO